ブレイクアウトとは?株取引の投資手法と具体的なやり方

ブレイクアウトとは有名な投資手法の一つで株価が基準となる株価(節目)を突破した後に大きく上昇する、その流れに乗って利益を上げる投資手法です。
節目の株価をブレイク(破壊、突破)することからブレイクアウトと呼ばれています。

古くから多くの個人投資家に愛されてきた投資手法で、利用している個人投資家の方も多いです。

ブレイクアウトのチャート

ブレイクアウトについてチャートを見てみましょう。

こちらのチャートでは何度も赤いラインをブレイクしそうな動きを見せるものの結局跳ね返され、最終的にブレイクした後に大きな値上がりを見せていることが分かります。

今回のチャートでは赤いラインが節目の株価となりますが、この節目の株価がいくらなのか、この判断の精度を高めることがブレイクで勝つためには必要不可欠なスキルです。
次に、ブレイクアウトで節目の株価になりやすいのはどんな株価なのかを見ていきましょう。

ブレイクアウトで狙う節目

ブレイクアウトは、節目の株価を判断して、それを突破したときに遅滞なく株を買うことが大切になります。

そんな大事な節目の株価は以下のような株価が目安となります。

・トレンドライン

トレンドラインを引いて、そのラインを節目の株価と考えることができます。
ただ、トレンドラインでブレイクしたタイミングを狙う場合は、大きな値上がりを狙うよりも、上昇トレンドのスタートを狙う投資手法と考えられます。
上のチャートで見たような大きな値動きこそ狙いずらいですが、人気のあるエントリータイミングの一つです。
トレンドラインについては以下の記事も合わせて学習していただくとよいでしょう。
(製作中:トレンドラインの記事)

・直近高値

直近高値は節目の株価としてよく利用されます。
そして、直近高値を突破した瞬間は、直近でその株を購入した人が、みんな含み益の状態となるため、投資家心理は強気一色になることが多いです。
大きな上昇を狙えることもあるので、是非狙いたい節目と言えます。

・何度も跳ね返されたライン

「株価が上昇しても毎回この株価で上昇が止まってしまうな」
そんな株価を見つけたらブレイクアウト投資手法を考えてみてもよいでしょう。
何度も跳ね返されたラインを突破した後は大きな上昇となることがよくあります。

・キリの良い株価など心理的節目

1000円、5000円といったキリの良い株価は節目になりやすいです。
心理的にどうしても意識する人が多いためで、指値で売り注文を出す際も
・株価1000円で売り
・株価5000円で売り
といった注文を出す個人投資家も多いはずです。
そんな売りたい人が多い株価を突破したら一気に上昇に向かうわけですね。

以上がよく利用される節目の株価です。
ここでは簡単な解説のみですが、節目の株価については以下の記事でも詳しく解説しておりますので、是非参考にしてみてください。
(制作中:節目の株価の記事)

ブレイクアウト投資手法のやり方の例

「ブレイクアウトのやり方を教えてください」
という質問を受けることが多いので、ここでブレイクアウト投資手法に取り組む場合について簡単に解説しておきます。

なお、ここで紹介する例は、サラリーマンなど、株価の動きを見ながら投資できない人向けのやり方と考えて下さい。

相場を見れない人がブレイクアウト投資手法に取り組む場合にはおおむね以下のやり方が基本となります。

1.チャートを見て節目の株価を決める

2.節目の株価を出来高を伴って突破したことを確認

3.節目の株価よりも上の株価で指値買い注文

4.買い注文が約定したら節目の株価より下の株価で逆指値売り注文(損切り対策)
(製作中:損切りについての記事)

5.株価が上昇したら利益確定

特にブレイクアウト投資手法において、出来高の考え方は大切です。
節目の株価を突破する際には出来高を伴っていないと、そのまま上昇せずに下落してきてしまうことが多いためです。

そのため、今回のやり方の例では出来高を突破した際に出来高が増えていることを確認したタイミングで初めて株を買う戦略をとっています。

ブレイクアウトはチャンスのタイミングが一瞬しかないことも多いため、人によっては少しでも遅滞なく株を買おうと2の段階を経ずに節目の株価を決めたらその段階で逆指値の買い注文を出してしまう人も多いです。

例えば、節目の株価を500円とした場合に
・株価501円になったら買い
という注文をあらかじめ発注しておくやり方です。
慣れてきたらこの方法もありでしょう。

(製作中:出来高の考え方の記事)

ブレイクアウトのメリット

ブレイクアウト投資手法を採用する場合のメリットを考えてみましょう。

メリット①:1回勝てたときの利益が大きい

ブレイクアウトの一番のメリットは1回勝てた際の利益の大きさです。
それこそ、3敗~5敗ぐらいしても1回勝つだけでそれまでの損失を取り戻すぐらいの利益を得ることもあります。

メリット②:短期間で勝負が決まる

ブレイクアウトの勝負は
・株価が急騰するかどうか
・その流れに乗ることができるかどうか
が勝負の肝です。
この2つがそろうかどうかが肝心なのですが、その結果が出るまではたった数日のことが多いため、やきもきしたりすることは少ないと考えられます。

メリット③:楽しい

ブレイクアウトで、適切なタイミングで株を買い、また売ることができた際は大きな喜びを感じることになります。
たった数日で何万円も儲かることがあるので、中毒性の高い投資手法とも言えるかもしれません。

ブレイクアウトのデメリット

メリットがあればデメリットもあります。
メリットだけでなく、デメリットについても学習しておきましょう。

デメリット①:勝率が高くない

1回勝てたときの利益は大きいかもしれませんが、裏を返せば勝率は低いと言えます。
損切りを適切に行うことができなければ、勝つのは難しいでしょう。

デメリット②:資金戦略次第で損切り貧乏になることも

いきなり株に使う資金全額で投資をしたらどうなるでしょう。
勝率が高くないブレイクで何連敗もしてしまえば、損切り貧乏になってしまいます。
損切りは大切ですが、資金戦略も大事です。

ブレイクアウトに取り組む場合はほかの投資手法以上に資金戦略をよく練って、小額投資から始めるようにしましょう。

まとめ

ブレイクアウトとは節目の株価を突破(ブレイク)する、そのタイミングで株を買って利益を狙う投資手法です。
1回の取引で大きな利益を狙うことも可能ですが、その一方で勝率がそこまで高いわけではないことには注意が必要です。

株初心者から学ぶ、無料メール講座

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。

全7回の無料講座に加え、日経平均株価の急変動時にテクニカル分析レポートを配信しております。

・株取引で利益を得るための正しい考え方
・スイングトレードで儲ける方法
・知っておくべきテクニカル指標

などが勉強できます。
是非、実際に投資を始める前に学習して下さい。

今、登録すると売買ルールの事例などをプレゼント中。この機会に是非どうぞ!

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする