逆張りとは?株取引の投資手法と具体的なやり方

株取引における投資手法において、逆張りとは、株価が下落したタイミングで買う投資手法のことを言います。
(ちなみにトレンドフォローは、上昇トレンドのタイミングで株を買うので順張りといいます。参考:トレンドフォローとは?株取引の投資手法と具体的なやり方

直近の株価の動きから見れば安い株価で買うことになりますが、逆張りは下落トレンドの最中に株を買うこともあります。
下落トレンドが継続すれば、株を買った後も下落し続けることになり、損失が膨らむことも想定されるので注意が必要になります。

逆張りのチャート

逆張りは株価が大きく下落したタイミングを狙って買いつける投資手法です。
以下のチャートを見てみてください。

ローソク足チャートの下の赤い折れ線グラフが移動平均かい離率のグラフです。
株価が大きく下落して移動平均かい離率の折れ線グラフが青い線に達したタイミングで株を買えば、利益をとれていただろうことが分かります。

このチャートのように、大きく下落したタイミングで株を買って株価が戻ったところで売る、という取引を積み重ねるのが逆張り投資手法の基本的な方法となります。

なお、移動平均線の詳細については以下の記事を参照ください。
(製作中:移動平均かい離率)

逆張りのタイミング

株価が大きく下落することはよくあるものです。
そして、
「大きく下落したからチャンスだ」
と考えて株を買い付けても、そのまま株価が下落していってしまうこともまた、よくあります。

少しでも株を買うタイミングの精度を上げる必要があるのですが、そのために必要なのがオシレーター系のテクニカル指標の勉強です。

オシレーター系テクニカル指標とは株価の買われすぎ・売られすぎを判断するために使用するテクニカル指標です。
基本的なオシレーター系のテクニカル指標として本サイトでは以下の2つを紹介しております。
・RSI
・移動平均かい離率
これ以外にもオシレーター系のテクニカル指標はたくさんあります。
逆張りでの利益を狙いたい場合は、買いのタイミングを捉えやすいテクニカル指標を探してみましょう。

逆張り投資手法のやり方の例

さて、逆張り投資手法での利益を狙いたい場合、どんなやり方が理想的なのかについて解説してまりいます。

なお、このやり方の例を実践する前にあらかじめテクニカル指標についての基礎知識を学習し、何度かシミレーションをしてから取引に挑むようにしましょう。

株のスイングトレードは実際の取引前の準備が勝敗を大きく分けるものなのです。

1.オシレーター系のテクニカル指標を利用して買いのタイミングを探る

2.買いのタイミングと思えば指値の買い注文などを発注する

3.株を買えたら逆指値注文を発注しておくなどしてさらなる下落への対策
(製作中:損切りの記事)

4.株価が反発したら早めに利益を確定する

以上が大まかなやり方です。
逆張り投資手法はブレイクアウトやトレンドフォローの投資手法に比べると株を保有している期間は短めに、そして1回当たりの利益は小さめになります。

逆張りのメリット

逆張り投資手法のメリットは以下の通りです。

メリット①:短期間で結果が出やすい

逆張り投資手法は買ってから比較的すぐに結果が出ます。
買うタイミングが間違っていればすぐに損切りをしなければいけないことになりますし、反発した際にもすぐに利益を確定するのが理想的です。

メリット②:チャート上で見る限り安い位置で買うことになるので精神的に楽

トレンドフォローやブレイクではチャート上で見る限りは高いタイミングで株を買うことも多くありますが、逆張り投資手法では安くなったタイミングで株を買うことになります。
もっと高く買っている投資家が多くいることを考えると多少は気持ち的には楽でしょう。

逆張りのデメリット

逆張り投資手法のデメリットも見ていきましょう。

デメリット①:下落トレンドの最中に買うので、暴落に巻き込まれることも

逆張り投資手法は買えたと思ったらそのまま下落していくこともよくあります。
損切りを徹底して対応しなければ暴落する株に巻き込まれて想定以上の損失になってしまう可能性があるので注意が必要になります。

デメリット②:1回当たりの利益が小さい

株のスイングトレードでは損小利大で儲けることが基本となります。
ただ、逆張りについていえば、1回当たりの利益はあまり大きくないと考えましょう。
多少反発したと思ったら再度下落していく、そんな動きも多いので反発したタイミングで遅滞なく売却して利益を確定することが大切になります。

できる限り

・利益を欲張って結局損切りで売却することになった

とならないようにしましょう。

まとめ

逆張り投資手法は安く買って安くなくなった段階で利益を確定する投資手法です。
勝率もある程度大切になります。

また、下落トレンドの最中に株を買うことが多いのも忘れてはいけません。
買ってすぐに損切りしなければいけなくなることも多いですが、「損切りは善」と考えて確実に執行していきましょう。

株初心者から学ぶ、無料メール講座

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。

全7回の無料講座に加え、日経平均株価の急変動時にテクニカル分析レポートを配信しております。

・株取引で利益を得るための正しい考え方
・スイングトレードで儲ける方法
・知っておくべきテクニカル指標

などが勉強できます。
是非、実際に投資を始める前に学習して下さい。

今、登録すると売買ルールの事例などをプレゼント中。この機会に是非どうぞ!

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする