スイングトレードに取り組む際のおすすめ証券会社の選び方

スイングトレードに取り組む際のおすすめ証券会社の選び方

株式投資に取り組むには証券会社で口座を開設する必要があります。
現状では、銀行や信金などを通じて株を買うことはできません。
株式は、証券会社を通じてしか買うことができないのです。
(東京証券取引所に「株くださ~い!」と言っても買えません。)

そのため、スイングトレードに限らず、株式投資に取り組む際には証券会社で口座を開設しなければいけないわけです。
ただ、証券会社によって、サービス内容が若干異なります。

特にスイングトレードにおいて、証券会社選びはスポーツ選手の道具選びと同様に非常に大切です。
今回は、対面証券会社とネット証券会社の違いを理解し、また、おすすめの選び方を紹介します。

対面証券会社とネット証券会社

証券会社は大きく分けると対面証券会社とネット証券会社の2種類があります。
それぞれの特徴、メリットとデメリットについて考えていきましょう。

対面証券会社

対面証券会社で口座開設 _株初心者チャート入門対面証券会社は、駅前に支店を構えていることも多く、古くから富裕層向けにサービスを提供してきた証券会社です。

多くの対面証券会社では、口座を開設した段階で担当者がつくことになります。

あなたが、窓口で口座を開設すると、その証券会社の営業マンから名刺をもらい、
「あなたの担当をします。」
という挨拶を受けることと思います。

証券会社の営業マンは、色々な金融商品をおすすめしてくれたり、また、あなたが投資意向を伝えればその意向に合った商品を提案してくれることになるはずです。

というのも、個人(リテール)のお客様を担当する営業マンは、金融商品を購入してくれた際の購入手数料で稼ぐことを目的としているためです。

投資意向にあった商品をおすすめしてくれるのは確かにメリットとなりますが、買いたい商品ではなく、営業マンが売りたい商品を提案することもあるので、これには注意が必要になりますが・・・。

さて、対面証券会社の営業マンは相談できるところがメリットとなりますが、スイングトレードでの取引を考えているのであれば適している証券会社とは言いずらいです。

というのも、手数料が割高であることと、短期投資で何度も売買していくことを考えると使い勝手がよくないためです。

取引回数が多いスイングトレードでは、手数料が積もり積もって非常に大きな金額になりますし、また、短期投資ではここぞというタイミングで遅滞なく注文を出せたほうが理想的なためです。

営業マンから
「その株はもっと保有を続けたほうが良いと思いますよ」
と言われると、本来やるべき取引に迷いが生じることもあるかもしれません。

スイングトレードでは、できる限り次で紹介するネット証券会社を利用しましょう。

ネット証券会社

ネット証券会社で口座開設 _株初心者チャート入門ネット証券会社は支店を構えていない証券会社が多く、ネット上で投資家が直接注文を発注するために、人員が少なくて済むこともあり、手数料が安いことが多いです。

それこそ、多くのネット証券会社が、手数料の値引き競争を繰り広げており、これは、利用者である投資家にとって大きなメリットとなります。

ただ、対面証券会社のようにアドバイスをしてくれる営業マンはおりませんから、あなた自身で投資対象を選んで、買うタイミングもあなた自身で選んでいく必要があります。

また、ネット証券会社の多くは
・口座開設の申し込み
・注文発注
などをネット上から行うことになります。

インターネットを使い慣れていない人にとっては最初は多少戸惑うかもしれませんが、それでも、そこまで難しいわけではありません。

また、多くのネット証券会社では口座開設をした後に、使い方の手引きが送られてくるので、不安のある方は最初は手引きを参照しながら取引を進めていけばよいでしょう。

対面証券会社とネット証券会社がターゲットとする投資家とは?

以上のことから考えると、対面証券会社は、証券会社の営業マンと相談しながら、まとまった資金をいろいろな金融商品に分散させながら投資したい投資家が向いていると考えられます。

一方のネット証券会社は、自分で投資判断をしながら投資していくことを想定している投資家が向いていることでしょう。
この場合、まとまった資金を分散させる投資家もいれば、資産形成にチャレンジする投資家もいるはずです。

スイングトレードは、あなた自身で判断して取引をしていく必要がありますが、この場合はやはりネット証券会社が向いていると考えられます。

株スイングトレードの証券会社選びで考慮する3つのこと

さて、株のスイングトレードに取り組む場合には、ネット証券会社で口座開設していただくことをおすすめしましたが、取引に使うネット証券会社はどのように選んでいけばよいでしょうか?

ここでは、株のスイングトレードに取り組むことを前提として、証券会社のおすすめの選び方を解説してまいります。

特に、ネット証券会社を選ぶ際には
・手数料
・使い勝手
・注文方法
の3つのことを意識して選ぶことをおすすめします。

手数料

手数料はやはり大切です。
そして、証券会社によって手数料は大きく異なります。
株式は、どこで買っても値動きは同じです。

「ここの証券会社で買った株はよく上がるなぁ」
ということはないのです。
(たまにそう感じることもあるかもしれませんが…。)

どこで買っても同じ値動きであれば、手数料は安ければ安いほうが良いことになります。
投資金額によって、
・100万円以下ならA証券が安い
・100万円以上ならB証券が安い
といった違いがあることもありますので、まずは、いろいろなネット証券会社で口座を開設して、パンフレットなどを利用して手数料を比較してみましょう。

株のスイングトレードにおいて、手数料はコストと考えるべきです。

使い勝手

証券会社の発注のツールなどを利用していくと、使い勝手のよい証券会社もあれば、いまいち使いずらいなと感じる証券会社もあります。
これは、人によって使いやすさの感じ方が異なりますし、実際に使ってみないとわからないものです。

スマートフォンを利用して、外出先から発注したいと考えているのであれば、スマホの画面も確認してみましょう。

注文方法

利用を検討しているネット証券会社に、使いたい注文方法が用意されているかは確認しましょう。
例えば、スイングトレードにおいて損切りを確実に執行するために逆指値成行注文をおすすめしておりますが、この注文方法が用意されていないネット証券会社もあります。

この注文方法以外にも、あなたが使いたい注文方法が用意されているのかについてはあらかじめ確認する必要がありますし、ネット証券会社に用意されている注文方法を調べてみると、
「へ~、こんな注文方法もあったのか」
という注文方法が用意されているネット証券会社もあります。

特に、会社員の方など、取引時間中にあまり株価を見られない人がスイングトレードに取り組む場合は、多彩な注文方法が強い味方になってくれます。

参考:損切りについての記事(製作中)

まとめ

株式投資に取り組む場合、必ず証券会社で口座開設をする必要があります。
そして、スイングトレードに取り組む場合はネット証券会社で口座開設をするとよいでしょう。

証券会社の選ぶ際には
・手数料
・使い勝手
・注文方法
を考慮しましょう。

証券会社の選び方としておすすめの方法は、まずは色々なネット証券会社に口座開設をしてしまい、その後パンフレットを見比べるなり、実際に使ってみて使いやすい証券会社を選択するという方法です。

口座開設は無料でできるケースがほとんどですから、まずはいろいろなネット証券会社で口座を開設してみましょう。

株初心者から学ぶ、無料メール講座

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。

全7回の無料講座に加え、日経平均株価の急変動時にテクニカル分析レポートを配信しております。

・株取引で利益を得るための正しい考え方
・スイングトレードで儲ける方法
・知っておくべきテクニカル指標

などが勉強できます。
是非、実際に投資を始める前に学習して下さい。

今、登録すると売買ルールの事例などをプレゼント中。この機会に是非どうぞ!

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする