テクニカル指標とは|種類や組み合わせを勉強しよう

テクニカル指標とは、テクニカル分析を行う際に使うもので、株価の値動きや出来高などから計算され、株価の現状を把握したり、買いのタイミングや売りのタイミングを捉えるために使うものです。
テクニカル指標による分析やチャートによる分析などをまとめてテクニカル分析と呼びます。

特にスイングトレードといった短期間における株取引を考えた場合、テクニカル指標の知識は必要不可欠と考えましょう。
スイングトレードにおいて肝心となる、株を買うタイミングや売るタイミングはテクニカル指標を利用して判断するケースが多いためです。

テクニカル指標の種類とは

テクニカル指標の見方や使い方を学習する前に、まず、テクニカル指標の大まかな種類についてみていきます。

テクニカル指標は大きく
・トレンド系テクニカル指標
・オシレーター系のテクニカル指標
・出来高系のテクニカル指標
の3つに分かれます。

例えばトレンド系のテクニカル指標だけでも多数のテクニカル指標が存在するように、テクニカル指標を深く勉強しようと考えると、それだけで大事業になってしまいます。

・トレンド系、オシレーター系、出来高系それぞれの特徴を理解する
・最低限のテクニカル指標の知識を身に着ける
・気に入ったテクニカル指標について、チャートを利用するなどしてより深く勉強してみる

という順番で学習を進めていくとよいでしょう。

トレンド系のテクニカル指標おすすめ一覧

まずは、トレンド系のテクニカル指標についてみていきましょう。

トレンド系のテクニカル指標とは、相場の大まかな方向性などを把握する際に使うテクニカル指標のことを言います。

上昇トレンド、下降トレンド、膠着状態などを把握することは、スイングトレードで利益を上げるために必要なスキルです。

特に、株初心者の方はトレンドに乗って利益を上げる投資手法であるトレンドフォローをおすすめしますが、トレンドフォロー投資手法での利益を狙う場合にはトレンド系テクニカル指標を使うことになります。

参考:トレンドフォローとは?株取引の投資手法と具体的なやり方

数多くあるトレンド系テクニカル指標のうち、最低限、見方や使い方の学習をおすすめしたいテクニカル指標一覧は以下の通りです。

移動平均線
・一目均衡表
・MACD
・ボリンジャーバンド

以上のトレンド系テクニカル指標については最低限学習しておきましょう。

オシレーター系のテクニカル指標おすすめ一覧

オシレーター系のテクニカル指標とは、株価の買われすぎ、売られすぎを判断する際に使うテクニカル指標のことを言います。
買われすぎと思われるほど株価が上昇した株を買うのは避けるべきですが、オシレーター系のテクニカル指標を利用すればそれがやりやすくなります。

逆張り投資手法での利益を狙う場合には、オシレーター系のテクニカル指標の見方や使い方を学習しておくとよいでしょう。

参考:逆張りとは?株取引の投資手法と具体的なやり方

最低限、見方や使い方の学習をおすすめしたいオシレーター系のテクニカル指標一覧は以下の2つです。

・RSI
・移動平均かい離率

これらのテクニカル指標はオシレーター系のテクニカル指標の代表的なものです。
これ以外にも、オシレーター系のテクニカル指標は数多くありますので、興味がある方、逆張り投資手法での利益を狙う方は学習を進めていただくとよいでしょう。

出来高系のテクニカル指標おすすめ一覧

スイングトレードにおいて、出来高の考え方は非常に大切です。
出来高が増加傾向にあるときには株価も上昇しやすい傾向にあるためで、特にブレイクアウトの投資手法などを採用する場合には必ず出来高の状況を確認してから取引することをおすすめします。
(製作中:出来高の考え方のページ)

出来高の状況を把握する出来高系テクニカル指標としては

・出来高移動平均線
・ボリュームレシオ

などが有名で、これらのテクニカル指標については見方、使い方を学習しておくことをおすすめします。

出来高の考え方は大切ですが、ただ、出来高系のテクニカル指標について言えば必ず利用しなければいけないとは言えず、出来高が増加しているかどうかを確認するだけでも構わないでしょう。
特に、今後チャートを見ながらトレンド系、オシレーター系のテクニカル指標を学習していく際には、
・買うべきタイミングで出来高はどうなっているか
について確認しながら学習することをおすすめします。

勉強が目的にならないように

それぞれのテクニカル指標の学習においては、
・見方
・使い方
を学習することが大切になります。

紹介した最低限学習をおすすめしたいテクニカル指標は少なめですが、まずはそれぞれの見方、使い方をしっかりマスターし、チャートを利用して株価の現状を把握できるように努めましょう。

また、テクニカル指標は非常に数が多く、それぞれ奥が深いものです。
それこそ、勉強を始めるとどんどんと
「もっといいテクニカル指標はないのか」
と考えていくことになるでしょう。

ただ、テクニカル指標の勉強そのものが目的となってしまわないように注意が必要です。
継続して利益を上げている投資家は、数少ないお気に入りのテクニカル指標を組み合わせて投資判断をしている人が多いものです。

テクニカル指標は組み合わせが基本

テクニカル指標で万能なものもありません。
どんなテクニカル指標でもダマシは発生するものです。
(※ダマシとは、一度買いのサインを示した後、それを打ち消す動きをすることを言います。)

そんなダマシへの対策として、テクニカル指標を組み合わせるという方法があります。
例えば、株のトレンドを把握しようと考えた場合に2つのトレンド系テクニカル指標を組み合わせるとどうでしょうか?
2つのテクニカル指標が両方とも上昇トレンドを示していれば、現状の株が上昇トレンドであることに、ある程度自信が持てるはずです。

また、複数のテクニカル指標を組み合わせて投資判断を下すのは、ダマシ対策だけが目的ではありません。
例えば、トレンドフォロー投資手法で利益を上げようと考えた場合に、トレンド系テクニカル指標だけを利用して投資判断をするとどうなるでしょうか。
株価が買われすぎの水準にもかかわらず買ってしまうかもしれません。

そこで、オシレーター系のテクニカル指標を組み合わせるとどうでしょうか?
トレンド系だけでなく、オシレーター系のテクニカル指標も組み合わせることで、スイングトレードの精度を向上させられるはずです。

テクニカル指標の組み合わせ例

テクニカル指標を組み合わせる場合、大きく2つの目的があります。

・ダマシを減らすため
・株取引の精度を上げるため

この2つです。

トレンド系のテクニカル指標2つの組み合わせのように、同じ種類のテクニカル指標を組み合わせればダマシを減らすことにつながり、また、オシレーター系とトレンド系のテクニカル指標の組み合わせのように、違う種類のテクニカル指標を組み合わせることによって株取引の精度を上げることも可能になります。

テクニカル指標は数多くありますが、さらにその組み合わせを考えるとその数はとてつもなく多くなります。
無限にある組み合わせのうち、あなたにとって、わかりやすくて使いやすいテクニカル指標の組み合わせを見つけることが、株取引成功のために必要不可欠と考えましょう。

まとめ

テクニカル指標とは、テクニカル分析で使うもので、投資判断をしやすくするために計算、算出される指標のことを言います。
買いのタイミングや売りのタイミングを捉えたり、株価の現状を把握するために使用し、大きく
・トレンド系
・オシレーター系
・出来高系
といった種類があります。

最低限覚えておくもの一覧は以下の通りで、見方、使い方を学習したらチャート上で実際に各テクニカル指標を表示させて使ってみましょう。

・移動平均線
・一目均衡表
・MACD
・RSI
・移動平均かい離率
・出来高移動平均線
・ボリュームレシオ

また、テクニカル指標は組み合わせて使うのが普通で、複数のテクニカル指標を組み合わせることによってダマシを減らしたり、取引の精度を向上させることにつながります。
テクニカル指標の世界は奥が深いですが、勉強自体が目的とならないよう、それでも着実に学習を進めていくことをおすすめします。

株初心者から学ぶ、無料メール講座

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。

全7回の無料講座に加え、日経平均株価の急変動時にテクニカル分析レポートを配信しております。

・株取引で利益を得るための正しい考え方
・スイングトレードで儲ける方法
・知っておくべきテクニカル指標

などが勉強できます。
是非、実際に投資を始める前に学習して下さい。

今、登録すると売買ルールの事例などをプレゼント中。この機会に是非どうぞ!

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする