【株】トレンドフォロー投資のリスクとリターンを勉強しよう

【株】トレンドフォロー投資のリスクとリターンを勉強しよう

トレンドフォロー投資手法とは、本サイトでもおすすめしているスイングトレードの投資手法の一つで、上昇トレンドの流れに乗って利益を狙う投資手法です。

どんな投資対象、投資手法であっても、それぞれにリスクとリターンはつきものですが、今回はトレンドフォロー投資手法に絞って、リスクとリターンについて勉強していきましょう。

参考:トレンドフォロー投資手法とは?

トレンドフォロー投資手法のリターンのイメージ

トレンドフォロー投資手法で目指すべきリターンについてイメージしてみましょう。
特に、トレンドフォローはスイングトレードの中では比較的長い期間株を保有することもあり得ます。
そんな時に、リターンのイメージを持っていないと、せっかく大きな利益を得られる可能性があっても、途中で
「この辺で利益を確定してしまおう」
と利益確定をしてしまって、結局大きな利益を取り逃してしまう可能性も考えられます。

いつも上手くいくわけではないスイングトレードだからこそ、上手くいった時には大きな利益を得ることを目指しましょう。

株価じわじわ上昇

【株】トレンドフォロー投資のリスクとリターンを勉強しようトレンドフォロー投資手法において、もっとも理想的な値動きはなんといってもじわじわと株価が上昇していく展開です。

上昇トレンドであっても、基本的に毎日株価が上昇することはあり得ません。
株価は多少の上下動を繰り返しながら上昇していくことになります。

トレンドフォロー投資手法は、あまり小さな値動きに一喜一憂しすぎることなく、上昇トレンドに乗って保有を続けることでこそ、大きなリターンが得られる可能性が高まります。

上昇トレンドになった瞬間狙いVS上昇トレンド確認後狙い

トレンドフォロー投資手法で株を買うタイミングは大きく2種類が考えられます。
・上昇トレンドになった瞬間に株を買う
・上昇トレンドを確認してから株を買う
という2種類です。

上昇トレンドになった瞬間に株を買い、その後株価が本格的な上昇トレンドになった際には大きな利益を得ることができるでしょう。
一方で、上昇トレンドになった瞬間はダマシが多くて不安という方は
・上昇トレンドを確認してから株を買う
という買い方で取り組みましょう。

この場合、利益は先ほどのケースに比べて小さくなることが想定されますが、それでも、上昇トレンドの最中であれば、ある程度安心して株を買うことができるでしょう。

トレンド終了で売りVS噴いた売り

さて、買った株は売らなければ利益確定することができません。
トレンドフォローでの利益確定は大きくわけて、以下の2つの基本パターンを軸に検討してみるとよいでしょう。

・トレンド終了で売り
・噴いたら売り
の2パターンです。

まず、トレンドフォロー投資手法の大前提として上昇トレンドに乗って利益を狙う戦略であることを忘れてはいけません。
もし、株を保有している最中に下落トレンドに転じたらどうでしょうか?

仮に、目標としていた株価に達していなくても、下落トレンド入りした株を保有し続けることは、トレンドフォロー投資手法では避けるべき状態と考えることができます。
トレンドが終了した際に株を売却する方法は、ぜひ取り入れていただきたい売却パターンですが、逆に言えば、上昇トレンドが続く限り株の保有を続けることにつながり、1回の取引で大きな利益を得ることも可能になります。

また、噴いたら売りという売却パターンも考えておきましょう。
株価は時々、買われ過ぎの水準まで大きく上昇することがあります。
そして、それだけの上昇が起きた後、そこを天井として下落に転じることもまた多いのです。

チャートに移動平均線を表示させて、そこから大きくかい離するほどの株価が上昇した状態を「株価が噴く」という表現をすることがあるのですが、もしトレンドフォロー投資手法で株を保有している最中に株価が噴いたら、そこで利益確定してしまうのもよいでしょう。

トレンドフォロー投資手法のリスクのイメージ

トレンドフォロー投資手法のリスクのイメージ

トレンドフォロー投資手法はじわじわと株価が上昇する、その流れに乗ってリターンを狙う投資スタイルであることはなんとなくイメージできたかと思います。

ただ、リターンばかりを考えて株取引をスタートすると、まず失敗してしまう結果となります。

特に、初心者の段階では儲けることばかり考えてしまいがちです。
当然、儲かることを考えるから株取引に取り組むわけではありますが、リスクについてもしっかりと認識しておきましょう。

上がらないうちにトレンド終了

上場している株式にはボラティリティが高いものもあれば、低いものもあります。
ボラティリティとは、株価のブレ幅のことを言い、ここでは、株価の値動きの荒さと考えてください。

ボラティリティが高い銘柄だと利益のときに大きな利益になりがちですが、その分リスクは高くなります。
リスクが高い銘柄は嫌だからと、ボラティリティが低い銘柄で取引すると、今度は利益をなかなか得られなくなるとも考えられます。

せっかく上昇トレンドに乗れていてもボラティリティが低ければ、あまり大きな利益を得られなくなります。
株価の値動きはリスクですが、リターンのためにも必要です。

適切なボラティリティの銘柄での取引を心がけましょう。

参考:銘柄選びの記事(記事製作中)

チキン利確と損切り遅れ

利益は大きければ大きいほど良いものですが、ただ、株価が上昇して含み益になってくると
「利益のうちに売却しておこう」
という考えが頭に浮かぶことになるでしょう。

もちろん、利益確定は必要なものではありませんが、せっかくもっと利益を伸ばせる段階であっても早めに利益を確定してしまうとなかなか稼げなくなる可能性があります。
本来、利益確定すべきところではなくても下落するのが怖くなって早めに利益確定してしまうことをチキンハートからとって、チキン利確と言ったりします。

利益の際にチキン利確となってしまい、さらに損失のときには損切りが遅れることになってしまうことも多いです。

チキン利確と損切り遅れは、コツコツと利益を確定してドカンと負けることからコツコツドカンと呼んだりしますが、ありがちな失敗パターンであり、また是非避けたいパターンと覚えておきましょう。

まとめ

トレンドフォロー投資手法は、株のスイングトレードにおけるおすすめの投資手法ですが、理想的なリターンを得る方法はあくまでも、じわじわと株価が上昇していく形です。

リターンの理想を考えて取引していくのはもちろんのこと、リスクについても理解しておきましょう。

特にチキン利確&損切り遅れのコツコツドカンの形になってしまうとどうしても継続して利益を上げることが難しくなってしまいます。

株初心者から学ぶ、無料メール講座

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。

全7回の無料講座に加え、日経平均株価の急変動時にテクニカル分析レポートを配信しております。

・株取引で利益を得るための正しい考え方
・スイングトレードで儲ける方法
・知っておくべきテクニカル指標

などが勉強できます。
是非、実際に投資を始める前に学習して下さい。

今、登録すると売買ルールの事例などをプレゼント中。この機会に是非どうぞ!

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください


※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする